第56回 ISSスクエア水平ワークショップ 開催案内

ISSスクエアでは、2019年8月7日(水)、 以下内容で水平ワークショップを開催します。 今回のテーマは『ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)』です。ぜひご参加ください。

開催概要:

ブロックチェーンの最初の応用である暗号資産(仮想通貨)は、多くの事件や社会的インパクトを与え、最近はLIBRAなど再び注目されつつあります。
本ワークショップでは「仮想通貨--技術・法律・制度」(2015)の著者を含め専門家の方々にご講演いただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。


日時: 2019年8月7日(水) 14:00-17:50(受付開始:13:30-)
会場: 情報セキュリティ大学院大学 3F 303/304
所在地・アクセス方法 (横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1)
テーマ: ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)
参加費: 1,000円(学生、ISSスクエア修了生、ISSスクエア関連教職員(連携企業担当者含む)、
IISEC教員・研究員(連携教授含む)および岩崎学園関係者は無料)

※参加費は当日受付にてお支払いください(当日現金払いのみ)
定員: 100名 (定員に達し次第、締め切らせていただきます)
申し込み方法: 参加の受付を終了させていただきました。

プログラム
時刻 内容
14:00~14:10 開会挨拶
株式会社富士通研究所 セキュリティ研究所長/
ブロックチェーン研究センター長 津田 宏 氏
14:10~14:55 「歴史に見る通貨の成立要件とブロックチェーンの可能性」
国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授 岡田 仁志 氏
14:55~15:40 「ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)の技術的な課題と今後」
近畿大学 産業理工学部 教授 山崎 重一郎 氏
15:40~15:50 休憩
15:50~16:35 「仮想通貨のリスクと法、そしてLIBRA」
駒澤綜合法律事務所 弁護士 高橋 郁夫 氏
16:35~17:05 「企業によるブロックチェーン応用事例と新ビジネス創出の可能性」
株式会社富士通研究所 セキュリティ研究所 藤本 真吾 氏
17:05~17:40 パネルディスカッション
17:40~17:50 閉会挨拶
情報セキュリティ大学院大学 教授 大塚 玲

※ プログラムの内容は都合により一部変更する場合がございます。


主催: ISSスクエア
共催: 特定非営利活動法人NPO情報セキュリティフォーラム
本件問合せ先: ISSスクエア 水平ワークショップ担当 (Email: iss-workshop@iisec.ac.jp)


ニュース&イベント

News&Event


資料はこちら

提携大学・企業

ページトップへ